不動産の相談窓口

最新の賃貸管理会社ランキング!東京でおすすめの賃貸管理会社の選び方もご紹介!

この記事の監修者

檜垣知宏:宅地建物取引士のアバター

檜垣知宏:宅地建物取引士

この記事のポイント

  • 管理戸数上位の大手管理会社の特徴がわかる

  • 管理会社には大手と地域密着がある

  • よい管理会社を選ぶためには、客付けの強さや信頼関係が築けるかどうかが重要

賃貸経営を成功させるためには、管理会社選びは非常に重要です。しかし管理会社の数は多く、管理会社をどう選ぶべきか悩んでいるオーナーも多いのではないでしょうか。

管理会社を選ぶ際には、客付けの強さや信頼関係が築けるかどうかが重要です。今回の記事では管理会社の選び方や、管理会社のランキング、大手と地域密着の比較を詳しく紹介していきます。

一都三県の賃貸管理なら恵比寿不動産にお任せください♪

目次

最新 管理戸数ランキング

全国に賃貸住宅の管理会社は数多くありますが、その中でも管理戸数の多い大手の上位10社を紹介します。大手の不動産管理会社は管理戸数も多く、賃貸管理のノウハウや実績も豊富にあるため安心して利用できます。

1位:大東建託グループ

管理戸数123万339戸(内マスターリース120万4,592戸)
他社と比べても突出して管理戸数が多いのが、大東建託です。大東建託は品川区に本社を置く上場企業で、「いい部屋ネット」のブランドで賃貸仲介を行っています。大東建託は管理だけでなく、賃貸アパート・マンションの建築も行っており、賃貸物件の供給戸数もナンバーワンの会社です。テレビCMだけでなく、町中で建築中の物件に大東建託の看板が出ていることも多いため、見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

大東建託の管理の特徴は、独自のシステムによる35年一括借り上げです。管理に関する手間など賃貸管理事業を35年間にわたってすべて行ってくれるため、オーナー個人は収入を受け取るだけです。マスターリース戸数は120万4,592戸と管理のほとんどが一括借り上げであることから、使い勝手のよさがわかります。木造からRCの大型物件まで、全国に幅広い取扱実績があることも特徴でしょう。

2位:積水ハウスグループ

管理戸数69万1,635戸(マスターリース非公開)
管理戸数第2位は積水ハウスです。積水ハウスは戸建て住宅で有名な大手ハウスメーカーですが、シャーメゾンという名前で賃貸事業も行っており、大東建託に続く管理戸数を誇っています。シャーメゾンは賃貸物件でありながら積水ハウス品質の仕様で作られており、グレードの高い設備や快適性の高い生活ができるでしょう。

積水ハウスの管理の特徴は、優れた品質保証です。品確法で定められた10年を超える20年保証制度を採用し、アフターサポートをしてくれます。20年経過後も独自の「ユートラストシステム」により、繰り返し保証を受けられます。賃貸経営において建物の維持管理や適切な修繕は賃料にも影響する重要な業務であり、実績のある積水ハウスの保証があることはオーナーにとっても安心でしょう。建築は積水ハウスが行いますが、その後の管理は関連会社の積和不動産が展開する、「MAST」というブランドで行います。

3位:大和リビング

63万7,815戸(内マスターリース58万7,905戸)
管理戸数第3位は大和リビングです。大和リビングは大手ハウスメーカーの大和ハウスの管理部門を担う会社で、おもに大和ハウスの物件を中心に管理を行っています。大和ハウスは戸建て住宅のイメージがありますが、賃貸マンションだけでなく商業ビルや物流施設など多くの物件の建築を行っており、売上高は業界ナンバーワンを誇ります。

ダイワリビングの管理の特徴は、大手のネットワークを活かした全国の不動産会社との提携により客付け力が強いことです。提携の不動産会社が全国にあり、取り扱う物件の種類も多くあるため、入居者の細かいニーズにも対応できます。大和リビングではインターネットでの物件検索サイト「D-room」を運営しており、高い稼働率を維持しています。また一括借り上げも行っており、大和ハウスグループのネットワークを活かして賃貸経営のノウハウを提供してくれるでしょう。

4位:レオパレス21

56万1,231戸(内マスターリース55万9,824戸)
第4位の管理戸数を誇るのが、レオパレス21です。レオパレスの物件は家具付きで賃貸できることが特徴で、東京都中野区に本社を置く上場企業で、全国に拠点網を持っています。レオパレスは単身者向けの物件に強みがあることから、社宅や法人契約が高いことが特徴といえるでしょう。

管理は30年の一括借り上げ方式が主体ですが、管理だけを委託する管理委託方式や、オーナー自ら管理する自主管理方式も採用しています。独自システムである「建物メンテナンス制度」や「家具・家電メンテナンス制度」を採用しており、それぞれのメンテナンスを保証してくれます。レオパレスは比較的劣化の早い木造+家具付きアパートが特徴のため、メンテナンス制度で修繕を保証してくれるのは、オーナーにとっては心強いでしょう。

5位:東建コーポレーション

管理戸数26万6,477戸(内マスターリース25万3,099戸)
続いて紹介するのは、管理戸数5位の東建コーポレーションです。東建コーポレーションは名古屋に本社を置く企業で、管理だけでなく自社で賃貸物件の建築も行っています。地主や税理士とのパイプが深く、土地の有効活用に強みがあることが特徴です。

CMでおなじみの賃貸仲介専門店「ホームメイト」のブランドで管理業務を行っており、インターネットなど複数のチャネルで客付けを行い、高い稼働率を維持している点も特徴です。東建コーポレーションの管理方式は管理受託のみで、ほかのプランは利用できません。長期の一括借り上げの場合は賃料の下落などさまざまなリスクを伴いますが、東建コーポレーションでは独自の審査制度を設けています。長期にわたる事業計画などを策定したうえで賃貸経営を行うため、オーナーは安心して運営を委託できるでしょう。

6位:ハウスメイトグループ

24万3,686戸(内マスターリース11万4,333戸)
管理戸数第6位はハウスメイトです。ハウスメイトはこれまで紹介した管理会社と違い、親会社にハウスメーカーなどを持たない独立系の賃貸大手管理会社です。東京都池袋に本社があり、修繕などの施工を行う株式会社ハウスメイトワークスや、リーシングに強みある株式会社ハウスメイトショップなどのグループ会社があります。

ハウスメイトの特徴は独立系という立場を活かして、柔軟な賃貸経営を行ってくれる点です。賃貸経営は立地や物件ごとの特性など個別の事情を踏まえて対応する必要があり、ハウスメイトではグループ会社とも連携しながら適切な経営を行ってくれます。また24時間体制のトラブル窓口を設けており、小さなトラブルでも迅速に対応してくれることから、住民トラブルなどを初期段階で防いでくれます。独立系大手管理会社という強みを活かし、オーナーとのコミュニケーションによって培った管理やオーナー向けサービスのノウハウも特徴といえるでしょう。

7位:東急住宅リース

管理戸数12万9,193戸(内マスターリース2万8,996戸)
次に紹介する管理会社は東急住宅リースです。大手不動産グループである東急グループの1社ですが、東急不動産の物件に限らず幅広く管理業務を行っています。東急グループのブランド力と総合力を活かして、さまざまなソリューションを提供してくれます。

東急グループには分譲マンションの管理運営を行う東急コミュニティーや不動産仲介を行う東急リバブル、社宅管理受託の東急社宅マネジメントなどがあり、グループ各社との連携による強い客付け力も特徴といえるでしょう。管理物件も一棟賃貸に限らず、戸建てやマンション1室にも対応してくれるため、急な転勤などさまざまなニーズに応えてくれます。専門性の高いプロスタッフが多く賃貸経営に関してはワンストップでサポートしてくれるため、オーナーとしても安心です。

8位:スターツアメニティー

管理戸数は12万2,649戸(内マスターリース2万1,276戸)
管理戸数8位は、建築会社のスターツグループの管理部門であるスターツアメニティです。スターツは東京都中央区に本社を置く上場企業で、収益物件建築のほか戸建て住宅のほかホテルなど幅広く手掛けています。スターツアメニティでは「ピタットハウス」という名称で管理業務を行っております。

スターツアメニティーの管理の特徴はグループの力を活かした総合サービスで、豊富な管理プランとオプションがあることです。物件の状況を24時間確認できる防犯カメラや、室内の修繕費用がかからない室内メンテナンスサービスなどがあります。管理プランは一括借り上げのほか、物件だけの管理や、家賃清算業務だけを選ぶこともできるため、オーナーのニーズに対応した利用ができるでしょう。

9位:旭化成不動産レジデンス

管理戸数11万6,407戸(内マスターリース10万6,868戸)
次に紹介する管理会社は、旭化成不動産レジデンスです。ヘーベルハウスで有名な旭化成ホームズの賃貸部門の会社で、ヘーベルハウスは戸建て住宅が強いですが、賃貸併用住宅やヘーベルメゾンの名称で賃貸アパートも経営しており、旭化成不動産レジデンスが管理を行っています。

旭化成不動産レジデンスは独自の賃貸管理システム、「AMSA」(Asahikasei Management System of Apartment-house)を導入しており、良好な住環境の維持やトラブル対応などを代行してくれます。30年一括借り上げシステムを導入しており、さらに当初10年間は賃料が固定されているため、オーナーとしては安定運営を行えるでしょう。また毎月一定額を負担することで、予期せぬ修繕をオーナー負担なく行ってくれるメンテナンスプランがあるなど、オーナーは安心して長期経営できるサポートが充実しています。

10位:SEIWAグループ

管理戸数は11万5,762戸(内マスターリース6万7,107戸)
最後に紹介する管理会社は、SEIWAグループです。賃貸経営オーナーに対して手厚いサポートを行うのが特徴で、オーナー向けのセミナーなども開催しています。

35年での一括借り上げのほか、業務委託管理システムなどオーナーのニーズに合わせて柔軟に対応してくれる点も魅力といえるでしょう。また独自サービスの「Anytime support あんしんくん」では、設備修繕と原状回復費用を定額化してくれるため収支を安定させられます。修理の回数制限はなく、築年数にかかわらず加入できるため築年数の経過した物件を保有しているオーナーにもおすすめです。ほかにも所有している物件の損益や収支・市場競争力なども診断してくれるなど、さまざまなオーナーサポートがメリットといえるでしょう。

引用:全国賃貸住宅新聞

管理委託費無料の賃貸管理なら「恵比寿不動産」

WEB集客にどこよりも強い賃貸管理!
平均月間問い合わせ数940件!インスタフォロワー数2万人超え!
ホームページへの月間アクセス数20万人以上!
賃貸管理を頼むなら「恵比寿不動産の賃貸管理」がおすすめ♪

賃貸管理を委託するなら大手と地域密着の賃貸管理会社どちらが良いのか?

不動産経営では管理会社の果たす役割は非常に多く、選ぶ管理会社によって賃貸経営の成否が決まるといっても過言ではありません。そのため賃貸経営においては管理会社選びが非常に重要ですが、大手と地元の地域密着型の管理会社で迷う方は多いでしょう。大手と地域密着、それぞれの管理会社のメリット・デメリットを紹介します。

大手賃貸管理会社のメリット

大手管理会社に依頼するメリットには次のようなものがあります。

・管理業務のノウハウが充実している
・安定した集客力がある
・経営が安定している

それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

管理業務のノウハウが充実している

大手管理会社のメリットの1つが、管理業務の実績が豊富にあることです。大手であれば何万戸単位の部屋を管理しているため、管理業務のノウハウが蓄積されています。そのため物件ごとの特徴などを踏まえた細かい修繕計画や、具体的な賃貸経営のアドバイスをもらえるでしょう。

トラブルへの対応力の高さも大手のメリットです。大手の中には24時間対応の窓口を設置している会社も少なくありません。小さなトラブルでもスピーディーに対応してくれるため、入居者は安心できるでしょう。大手賃貸会社はブランドも名が通っているため、担当者もイメージを悪くするような対応ができません。サービスだけでなく担当の質も高く、全体的にレベルの高いサポートを受けられます。

安定した集客力がある

大手の強みは、なんといっても集客力の高さにあります。今回紹介した管理戸数上位の管理会社などは、地域密着に比べると圧倒的にブランド力があるため安定して集客を行えるでしょう。ハウスメーカー系の管理会社であれば自社物件の特徴なども把握しているため、物件案内もスムーズに行えます。

また大手管理会社は全国にネットワークがあるため、地方や都市圏の引っ越しニーズなどにも対応できます。入居希望者も大手の名前が通っているサイトから探す傾向にあるため、高い稼働率が期待できるでしょう。

経営が安定している

大手管理会社は経営が安定しており、急に管理を解除されるなどの心配がありません。大手管理会社の中には上場している企業のグループや、有名ハウスメーカーの子会社も多いです。経営が安定していることにくわえ、テレビCMやキャンペーンなどを行う体力もあります。

独自のサービスを展開している会社も多く、地域密着型の管理会社に比べると使い勝手がよいでしょう。また賃貸経営は長期にわたる事業のため、経営が安定している大手であれば安心して付き合えるでしょう。

大手賃貸管理会社のデメリット

大手賃貸会社のデメリットには次のようなものがあります。

・管理手数料が高い傾向
・イレギュラーな対応に時間がかかる
・担当者の変更が激しく関係構築が難しい

それぞれの内容について詳しく紹介していきます。

管理手数料が高い傾向

大手の管理会社は管理手数料が高い傾向にあります。地域密着型の管理料は家賃収入の3~5%程度が一般的ですが、大手の場合は5~10%とかなり割高です。管理の内容やサポートが管理料に見合っているかどうか、内容をよく確認するようにしましょう。

また大手ハウスメーカーが手掛けたような賃貸物件は、そもそも家賃設定が高いです。管理料は家賃の〇%と割合で計算することが多いため、実際の管理料は高額になるケースも少なくありません。管理手数料を複数社比較する場合うは手数料率だけでなく、実際の金額をよく確認しましょう。

イレギュラーな対応に時間がかかる場合がある

大手は組織が大きいだけに、イレギュラーな対応には時間がかかることがあるようです。大手の場合は業務の多くはマニュアル化されており、現場や担当者では判断できないことも少なくありません。どうしても本社の指示を待たなくてはならないため、スピーディーな対応ができません。

細かい注文に対しても柔軟な対応ができない場合も多く、柔軟さやフットワークの軽さでは地域密着型の会社の方が優れている場合もあります。このようなデメリットを防ぐためには普段からよく担当とコミュニケーションをとっておくことで、いざという時に意思疎通も図りやすくなるでしょう。

担当者の変更が多く関係構築が難しい

大手の管理会社は数年ごとに担当が変わってしまうデメリットがあります。地域密着型と違って組織が大きいとどうしても定期的に異動があり、ずっと同じ担当ということはないでしょう。せっかく担当と信頼関係を築けたとしても、担当が変更になればリセットされてしまいます。

もちろん業務などは引き継ぎがありますが、新しい担当が頼りになるとは限りません。異動で遠方からきたのであればエリアに詳しくない可能性もありますし、慣れていない新人の場合もあるでしょう。大手の管理会社は、担当変更によってサービスの質などが変わってしまう点がデメリットです。

管理委託費無料の賃貸管理なら「恵比寿不動産」

WEB集客にどこよりも強い賃貸管理!
平均月間問い合わせ数940件!インスタフォロワー数2万人超え!
ホームページへの月間アクセス数20万人以上!
賃貸管理を頼むなら「恵比寿不動産の賃貸管理」がおすすめ♪

地域密着の賃貸管理会社のメリット

続いて地域密着型の管理会社のメリットを見ていきましょう。

・フットワークが軽くて融通が利きやすい
・地域情報や特性を熟知している
・大手よりも管理手数料が安い傾向

それぞれの内容について、詳しく解説していきます。

フットワークが軽く融通が利きやすい

大手と違って地域密着の管理会社は、フットワークが軽く融通が利きやすい点がメリットです。大手はマニュアルが完備されており、イレギュラーの事項は本部の判断を待つ必要があり柔軟な対応ができません。その点地域密着型の企業の場合は現場で決められる裁量が多く、細かいことにも丁寧に対応してくれます。

イレギュラーな事項への対応も現場の判断で行えるため、意思決定のスピードが速くフットワークも軽いです。管理会社や担当にもよりますが、トラブルがあった際にもスピーディーに対応してくれるため、早期解決が期待できます。オーナーや入居者の細かいニーズにも対応してくれるなど、大手ではできない柔軟さがメリットといえるでしょう。

地域情報や特性を熟知している

地域密着の管理会社のメリットは、なんといっても地元の地域情報に精通していることでしょう。大手と違って長く地元で管理業を続けている会社も多いため、地域の不動産マーケットや特徴などを熟知しています。そのため客付けなどの賃貸経営においても、大手にはない独自のノウハウを提供してくれるでしょう。

また地元企業や、同業他社・顧客ネットワークなども独自の人脈を持っていることが多く、大手にはできない手法で営業を行ってくれます。とくに仲介や建築も行っている会社であれば地域の不動産マーケットを熟知しているため、的確な賃貸経営のアドバイスを行ってくれるでしょう。独自の人脈やノウハウ、地域特性を活かしたサポートを行ってくれるのは大手にはないメリットといえるでしょう。

大手よりも管理手数料が安い傾向

地域密着の管理会社は、大手に比べると管理手数料が安い傾向にあります。管理用は一般的に賃料の〇%で設定されることが多く、大手の場合は5~10%程度が多いです。一方で地域密着の管理会社の場合は3~5%程度が相場で、大手に比べるとかなり安い水準といえるでしょう。

大手も地域密着も数%程度の差のため、あまり気にしないオーナーの方もいるかもしれませんが、手数料率はよく確認すべきです。不動産の賃料は1カ月で数十万から数百万にもなり、さらに毎月発生します。そのため数%の差であっても、実際に支払う管理料は大きくか変わってきます。大手のサービスの良さやオプションなどに惑わされるのではなく、実際の管理費の負担額を比較検討することが重要です。

地域密着の賃貸管理会社のデメリット

地域密着の賃貸会社のデメリットには、次のようなものがあります。

・高齢化と後継者不足による経営不安
・担当者次第でサービスの質が変わる可能性も
・アナログ文化で客付けが弱い賃貸管理会社もある

それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

高齢化と後継者不足による経営不安

大手に比べると経営者の高齢化や後継者不足によって経営が安定していないことが、地域密着の管理会社のデメリットといえます。上場していたり大手ハウスメーカーの関連会社のような大手管理会社の場合、後継者に関する不安はないでしょう。そのため管理会社の倒産や廃業などによる、強制解約などの心配もありません。

しかし地域密着の会社の場合は、会社の規模もそこまで大きくなく、後継者問題に頭を抱えている会社も少なくありません。とくに業歴の長い会社ほど経営者も高齢化しており、後継者不足が深刻です。管理会社に限らず多くの中小企業では後継者に関する問題があり、事業の閉鎖や売却を選択するケースも多いです。経営が大手ほど安定していないことは、地域密着のデメリットでしょう。

担当者次第でサービスの質が変わる可能性も

担当者によってサービスの質がかわりやすいことも、地域密着のデメリットです。大手では業務やトラブル対応などはマニュアル化されているため、担当者によるサービスの質の変化はそこまで大きくありません。仮に担当者が不慣れであっても、上司のフォローなどもあるでしょう。

地域密着の場合はサービスの質や業務などが組織として管理できておらず、属人的に対応しているケースが少なくありません。そのため担当者が変わってしまうと、サービスの質や内容が変わってしまう可能性があります。このようなデメリットを防ぐためには、普段から担当以外のメンバーともコミュニケーションをとっておくとよいでしょう。

アナログ文化で客付けが弱い賃貸管理会社もある

地域密着の管理会社ではいまだにアナログ文化が残っている会社もあり、効率のよい客付けができていない場合があります。地域密着の会社では地元に根付いて長く経営している会社も多く、中には前時代的な文化が残っている会社もあるでしょう。

そのためネットやSNSなどを使った集客ができておらず、客付けが弱い会社もあります。とくに若い入居者をターゲットにした物件であれば、SNSを通じた広告が有効です。管理会社がどのような集客ツールを利用しているか、よく確認しておくようにしましょう。

管理委託費無料の賃貸管理なら「恵比寿不動産」

WEB集客にどこよりも強い賃貸管理!
平均月間問い合わせ数940件!インスタフォロワー数2万人超え!
ホームページへの月間アクセス数20万人以上!
賃貸管理を頼むなら「恵比寿不動産の賃貸管理」がおすすめ♪

賃貸管理会社を選ぶポイント

管理会社の数は多くありますが、いかに良い管理会社を選ぶかで賃貸経営は大きく左右されます。賃貸経営に失敗しないための、よい賃貸管理会社の選び方を紹介します。

  • レスポンスの速い会社
  • 管理手数料が適正な会社
  • 24時間対応できる会社
  • 掲載物件数が多い会社
  • 客付けの専門部署がある会社

それぞれの会社の特徴を、詳しく見ていきましょう。

レスポンスの速い会社

管理会社にとって、レスポンスの早さは重要です。オーナーからの依頼・問合せに対するレスポンスはもちろんですが、入居者に対するレスポンスは、そのまま満足度に直結します。入居者の満足度が低ければ、退去が出て空室が増えてしまうかもしれません。

とくにトラブル対応では、初動の対応によって二次トラブルやクレームが発生してしまうこともあります。また管理会社とは長い付き合いになるため、日々のコミュニケーションがスムーズにできるかどうかも重要です。管理会社を選ぶ際には、レスポンスの早さに注目しましょう。

管理手数料が適正な会社

賃貸管理会社を選ぶ際には、管理手数料の比較も重要です。管理手数料は安いにこしたことはありませんが、安さだけを比べるのではなく「適正かどうか」を比べるようにしましょう。地域密着の会社の中には管理手数料が安い会社もありますが、管理が行き届いていなければ意味がありません。管理不足で入居者の満足度が下がってしまい、空室が増えて収入が下がってしまいかねません。

管理会社が担ってくれる業務の内容を確認して、他社と比べて価格が適正かどうかを見極めましょう。オーナーによって依頼したい管理業務にも違いがあるため、業務内容がニーズに合致しているかどうかも重要なポイントです。

24時間対応できる会社

入居者の満足度を下げないためには、24時間対応できる管理会社がよいでしょう。水回りなど設備のトラブルや、入居者同士のトラブルは夜間・休日関係なく発生します。とくに設備の故障などは修理業者も対応できないため、夜間・休日ほど発生しやすいでしょう。

何かトラブルが発生した際に、夜間休日でもサポート窓口があれば入居者も安心できます。また管理会社がトラブル対応してくれることで、オーナーとしても安心感が生まれます。管理会社が対応できなければ、夜間や休日にオーナー宛に直接連絡が入ってしまうかもしれません。管理会社を選ぶ際は24時間対応してくれる会社を選びましょう。

掲載物件数が多い会社

自社のHPや広告に、多くの掲載物件を載せている会社もおすすめです。掲載物件が多いことは、それだけ客付けに力を入れているといえます。管理会社の中には管理のみを行う会社もありますが、仲介業務にも力を入れているほうが客付け力に期待できます。また仲介も行っている会社であれば仲介を成約するために、物件の管理も疎かにはしないでしょう。

このようによい管理会社を選ぶためには仲介にも強い会社を選ぶとよく、目安の1つが掲載物件の多さです。管理会社を比較する際には、競合会社と比較して掲載物件の数にも注目してみましょう。

客付けの専門部署がある会社

管理会社を選ぶ際には、客付け専門部署がある会社がよいでしょう。賃貸経営で失敗しないためには、いかに空室を発生させないが重要です。しかしどうしても退去は出てしまうため、客付け力の強さが収益に直結します。管理会社によって客付け力は違いますが、管理業務と並行しながら客付けを行っている会社よりも専門の部署があれば客付け力の高さが期待できます。管理会社を選ぶ際には、専門部署の有無にも注目してみましょう。

WEB集客にどこよりも強い賃貸管理

ただいま、管理委託費無料キャンペーン中!
平均月間問い合わせ数940件!インスタフォロワー数2万人超え!
ホームページへの月間アクセス数20万人以上!
賃貸管理を頼むなら「恵比寿不動産の賃貸管理」がおすすめ♪

よくある質問

Q.ランキングでワーストになる会社を教えてください。

管理会社ランキングでワーストになる会社には、次のような特徴があります。

・依頼事項に対するレスポンスが悪い
・故障時の対応など約束を守らない
・オーナーへの態度がよくない

レスポンスが悪く、依頼事項を守ってくれないなど、オーナーとのコミュニケーションが取れていない管理会社がワーストに入る特徴にあります。賃貸経営では管理会社との信頼関係は重要なため、信頼関係を壊すような態度の管理会社は避けるべきでしょう。

②東京に本社のある管理会社一覧を教えてください。

国土交通省の「建設業者・宅建業者等企業情報検索システム」では賃貸住宅管理業者のほか、マンション管理業者や住宅宿泊管理業者を検索できます。「所在地指定検索」で本店を東京都に指定して検索することで、東京の管理会社を検索できます。

賃貸管理会社の途中変更は可能か?

賃貸経営をしていると、管理会社に不満が出る場合もあるでしょう。当初は信頼していても、担当の変更などで違和感が出てしまうケースも少なくありません。しかし管理会社は物件の日常管理を行っていることもあり、変更できるかどうか気になる方も多いです。管理会社の途中変更は可能でしょうか。

結論:賃貸管理会社の変更は可能

結論からいうと、管理会社の変更は可能です。管理会社を引き継ぐ場合、下記の手順で行います。
1.現在の管理会社へ解約の通知を行う
2.新旧の管理会社で引き継ぎをする
3.入居者へ通知する

賃貸会社の変更は可能ですが、契約内容によっては変更できない場合もあります。「解除する際は、〇ヶ月以上前に通知すること」という文言が入っている場合も少なくありません。契約内容によっては不利な内容で解約せざるを得ないため、管理会社を変更する際にはよく確認しましょう。

まとめ

賃貸不動産経営では、管理会社選びが成否をわけるといっても過言ではありません。管理会社には今回の記事で紹介した大手のほかに、地域密着の管理会社も数多くあります。大手と地域密着それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらがよいかは一概にはいえません。

オーナーのニーズに合った管理会社を選ぶべきですが、よい管理会社を選ぶにはコツがあります。管理手数料の適正さや、レスポンスの早さ、客付けの強さや24時間対応の有無などを比較するとよいでしょう。また管理会社に不満がある場合は、変更も可能です。今回の記事を参考にして、よい管理会社を見つけましょう。

一都三県の賃貸管理なら恵比寿不動産にお任せください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
檜垣知宏:宅地建物取引士のアバター

檜垣知宏:宅地建物取引士

株式会社ライフアドバンス代表取締役の檜垣知宏です。 2014年8月に設立し、恵比寿不動産という屋号で賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理を行う不動産業者です。 不動産業界歴15年の経験を生かし、 運営しているサービスサイトである「不動産の相談窓口」の運営者も務めております。

保有資格:宅地建物取引士

カテゴリから記事を探す